スマートデバイスから、情報を地図にマッピング。地図で行う情報管理。

Visual Map Storage Service SOCOCA

Google play

SOCOCA とは?

現場からスマートデバイスで入力した情報(テキスト、写真)を現在位置情報と関連付けてクラウドサーバにアップロード、PC側でのブラウザ地図を利用して、視覚的な情報管理が行えるクラウドサービス です。
インターネットに接続できる環境であれば、どこからでもリアルタイムな情報共有が行えます。
セキュリティ面においても、暗号化通信や端末側にデータを保存しない仕組みにより、安心してご利用頂けます。

リアルタイム情報管理

3つの特徴

  • シンプルかつ直感的な操作を実現

    スマートデバイスの特徴を生かした直感的な操作性により、スマートが得意でない方も、簡単に操作できます。音声認識にも対応しており、入力の手間も少なくなります。

    シンプルかつ直感的な操作を実現
  • 地図による情報の可視化

    データ種別に応じたピクトグラムや色分けで、スマートデバイスやPCから情報を視覚的に認識することができ、地域特性に応じたスピーディーな計画や戦略の策定が可能です。

    地図による情報の可視化
  • データの有効活用

    リアルタイムに投稿された膨大な情報から、必要な情報だけを絞り込み、即座にCSVデータ出力が行えます。エクセル等の分析ツールと組み合わせることで、業種業態に応じた分析が行えます。

    データの有効活用

機能の紹介

PC 周辺検索

任意の地点を中心とした円形範囲内での登録情報の抽出が行えます。不動産業では、エリアごとの賃料相場の調査、顧客管理では、ローラー営業の対象企業のリスト作成などが簡単に行えます。

PC 周辺検索

PC オプション検索

データ登録を行ったユーザー、データ種別、入力項目毎の詳細な絞込みが可能です。案件管理、災害情報、保守管理では、ランクに応じた情報の抽出などが簡単に行えます。

PC オプション検索

PC 一覧表示・CSV出力

周辺検索機能やオプション検索機能で絞り込んだ情報を一覧表として確認することができます。また、登録した情報をCSV形式にて出力できるため、データの二次利用やご利用中のシステムとの連携も可能です。

PC 一覧表示・CSV出力

スマートデバイスデータ登録

データの登録は、選択方式、音声入力、複数選択、数値入力など、登録する項目に応じた入力方式を設定でき、スピーディーな入力が可能です。

データ登録

スマートデバイス画像登録

データ登録時には、カメラを起動して写真撮影や端末内の画像データを登録することができます。※次のバージョンでは、PDFファイルの登録・閲覧も可能になります。

画像登録

スマートデバイス周辺検索

スマートデバイスのGPS機能を利用し、現在位置付近の情報を表示させることができます。また、ナビ案内機能で目的地まで道に迷うことなく到着することができます。

周辺検索

スマートデバイス検索機能

キーワード検索や自分が登録した情報、種別の絞込み結果を一覧や地図上に表示することができます。


検索機能

ご利用シーン

保守管理(橋梁データ登録)

某公益財団法人様が、市町村の橋梁長寿命化修繕計画策定を支援するために、「SOCOCA」をベースとして開発したシステムです。タブレットで橋梁の点検結果を入力し、管理用PCにて地図上で橋梁諸元情報、点検履歴など一元管理できるほか、点検結果の帳票自動出力も行えるため、職員の負担を軽減し、継続的な維持管理が可能となります。

保守管理(橋梁データ登録)

現地調査(道路付属物調査)

道路管理者が、日常的、定期的に行っている舗装及び道路標識、道路照明、道路情報板を対象とした巡回点検において、発見された損傷をスマーデバイスで入力する事で、リアルタイムな情報共有や、WEBデータベースとしての情報の一元管理が行えます。

現地調査(道路付属物調査)

物件管理(駐車場・建物管理)

自社で管理する不動産物件やその周辺情報の調査・分析で活用されています。調査した結果をスマートフォンからその場で入力し、管理者が全営業担当の調査結果を地図上でリアルタイムに把握する事ができます。

物件管理(駐車場管理)

マーケティング

特定エリアの市場調査を実施する際に活用されています。営業担当者が企業に訪問し、ヒアリング結果を営業携帯(スマートフォン)からその場で入力し、企業規模、業種・業態に応じた企業情報を地図上にて管理し、エリア毎の店舗づくりや商品展開、販売促進活動などのデータベースとして活用されています。

マーケティング
お問い合わせはこちら