Harrison AssessmentsTMハリソンアセスメンツ(HA)

人と組織を見える化し、人事における課題を解決します。グローバルに活用できる人材アセスメントツールを提供します。

概要

「人を知る」それが人材マネジメントの第一歩です。私たちは、Harrison Assessments(HA)により、人の可能性とパフォーマンスを総合的に評価し、採用・配属・昇進/昇格における候補者の選考、個人の能力・キャリア開発、組織開発などの実効性の向上を実現いたします。

特徴

世界50ヶ国、5000社以上、200万人以上に利用されるHarrison Assessmentsは、30年の調査と検証の結果であり、 候補者の選考、個人能力の開発、チーム開発、キャリア開発計画にご活用いただいています。
42種類の言語に対応し、グローバル人材の皆様に母国語で受検いただくことで、言語による齟齬が生じずに適切な結果を得られます。
また、Harrison Assessmentsは、所要時間30分のテストにて、その人材に内在する「モチベーション」「興味」「仕事に対する好み」「対人関係」「キャリアへの期待」「行動コンピテンシー」「ストレス下での行動」からなる175の行動特性により、その人材の可能性とパフォーマンスを総合的に評価します。
弊社ではHarrison Assessmentsを用いて、様々な課題において確かな成果の達成をご支援しております。

・高い潜在能力を持つ社員を特定し開発することで、戦略的な人材配置計画とキャリア開発の改善
・社員をより適切な職務に配置することで、生産性、満足度の向上、離職率の低下を実現
・具体的な職務に関連する行動特性を特定することで、コーチング、能力開発の実行性の向上
・職場の関係を改善し、チームメンバーの長所を活用することで、チームの生産性の向上
・採用にかかる費用の削減

【質問票42ヶ国語】⇔【レポート26ヶ国語】

基本理論

エンジョイメント・パフォーマンス理論

エンジョイメント・パフォーマンス理論は、仕事を楽しみ、仕事に対する関心を持ち、労働環境への好みが合致すれば、仕事をより効果的に遂行できるというものです。

パラドックス理論

Harrison Assessments のパラドックス理論では個々の行動特性だけでなく、複数の行動特性の組み合わせによる行動体系を明らかにし、心理学的な深い考察が可能です。また、ストレス下での行動も予測することができ、 人材開発の明確な方向性について客観的な指標を提供します。

活用方法

候補者の選考

Harrison Assessmentsは、様々なポジションに対して必要とされる「行動コンピテンシー」を総合的に評価し、成功要因と潜在的な阻害要因を予測します。用途に応じて様々なレポートが存在し、求める人材像に合わせてカスタマイズすることができます。

グローバル人材採用・育成支援

母国語で受検することで、面接だけでは把握できない人材の内面をより深く理解することができ、採用時におけるミスマッチを防ぐことができます。
また、入社後のマネジメント上のポイントが明確になり、外国人を部下に持つ日本人マネージャー用の資料としてもご活用頂けます。

開発者紹介

ダン・ハリソン博士

学歴

・博士号
 カリフォルニア州 シエラ大学から取得
 専門分野:組織心理学、潜在能力開発心理学
・修士号
 ヴァーモント州 ノリッジ大学から取得
 専門分野:潜在能力開発心理学、クリニカルサイコロジー、婚約・家族カウンセリング
・学位号
 カリフォルニア州立大学(ノースリッジ市)から取得
 専門分野:心理学、哲学、数学

職歴

1978 - 1980 ホリスティック協会の上級管理職
・自己改善、対人関係能力、ストレス管理のプログラムの促進といった協会の全ての活動を指導
・療養所とその従業員50人の管理
・ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカで研修やセミナー活動
1980 - 1986 能力研究所(クリスタルバレー)の役員
・アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアにおいて自己改善、対人関係能力、ストレス管理のカウンセリングといったトレーニング・プログラムの 実施
・20人以上のカウンセリングのプロに対し、問題究明と個人変革の方法についてカウンセリングを実施
1986 - 1998 リーダーシップ・トレーニングの指導者
・組織評価・・・・マネジャー評価
・チーム評価・・・マネジャー・トレーニング  ・チーム開発
1998 - 2003 オムニ・ヒューマン・テクノロジー社の社長
・インナビューを使った様々なコンサルティング・メニューの開発
・Web版インナビューの開発
・インナビューにおける研究や妥当性調査の実施
・国に合わせたマーケティング戦略構造の開発
2003 - 現在 Harrison Assessments株式会社(香港)の社長
Web技術のHarrison Assessmentを立案、開発、そして15ヶ国以上の国際組織を開発。
HAシステムの職能:
・行動評価 ・職務適正評価
・リーダーシップ評価 ・チーム(組織)開発
・コーチング ・職務基準評価
・Web上によるキャリア指導
以上、上記の技術を15ヶ国で立案、履行。
また運営調査、確認等国際活動を経営・管理。

コンサルティング活動(企業数)

アメリカ合衆国:20社
東南アジア(インドネシア、シンガポール):2社
ヨーロッパ(イギリス、スウェーデン、オーストリア):8社
オーストラリア:約30社

英語版HA(リンク http://www.harrisonassessments.com/

お問い合わせ

製品に関するご質問・ご相談などございましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ