CSR活動

リサーチアンドソリューションの社会への取り組みをご紹介します。

世界大会に挑戦する中高生ロボットチーム『SAKURA Tempesta』を支援

世界大会に挑戦する中高生ロボットチーム『SAKURA Tempesta』を支援

株式会社リサーチアンドソリューション(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:美濃部直樹)は、千葉を拠点として、メンバー20人程のうち約半数が女性で構成する中高校生ロボットチーム『SAKURA Tempesta』の活動に共感し、理工学分野での女性活躍をサポートすることを目的に、平成30年9月より当活動の支援を行うことにいたしました。

平成30年10月12日(金)に『SAKURA Tempesta』のメンバーが来社され、これまでの活動や課題、今後の目標や夢などについて、建設的な意見交換を行いました。

『SAKURA Tempesta』は、米国NPO法人FIRST(For Inspiration and Recognition of Sciense and Technology)が主催する高校生向けロボット大会『FIRST Robotics Competition(FRC)』において、2017年度ハワイ地区大会及び世界大会にてルーキー賞を受賞し、今後の活躍が非常に期待できる団体であることが認められたチームです。

FRC は、27か国から3,648チームが参加する大規模な国際的イベントで、同チームは日本代表として出場されました。

また、同チームは大会以外にも内閣府主催の理系女子チャレンジ企画の一環として企業と共同で「女子中高生向けロボットワークショップ」を開催したり、企業に協力いただき「小学生向け家電分解ワークショップ」を開催するなど、活動を通して学んだことを地域に還元する活動にも力を入れておられます。

弊社は、熱い思いを胸に日々活動されている『SAKURA Tempesta』を、今後も積極的に応援して参ります。

【当日の様子】

『SAKURA Tempesta』メンバーの皆様
株式会社リサーチアンドソリューション 代表取締役社長 美濃部 直樹