ストレスチェックサービス

ストレスチェックの実施から産業医の手配までトータルでサポート可能です。

概要

労働安全衛生法の改正に伴い、2015年12月より労働者50人以上の事業場において、ストレスチェックの実施が義務化されました。「どのように進めたらいいのか?」、「ストレスチェックに対応してくれる産業医がいない」、「自社の業態にあったツールを探している」といったご要望に対して、トータルサポートはもちろん、部分的なサービス提供も可能です。

特徴

・実施運営、産業医との面談調整等、全て当社にて行う為、お客様の負担が著しく軽減されます。
・お客様の様々な就業形態に対応したツールを提供いたします。(WEB方式、紙(マークシート)方式)
・報告結果も労働安全衛生法のストレスチェック制度に準拠しているため、労働基準監督署への報告が簡単に行えます。
・当社は、プライバシーマークを取得している個人情報取り扱い事業者です。機微情報を含んだ個人情報の取り扱いに対して十分な実績と体制がございます。

詳細

提供ツール

<WEB方式>

Webシステムによる回答方式の為、インターネット環境さえあれば、短期間にて導入可能です。

<紙(マークシート)方式>

個人用PCが無いような現場部門などに対応する、紙(マークシート)ベースでのストレスチェックです。

<産業医>

大室正志氏
大室正志氏

医療法人同友会産業医室。産業医科大学医学部医学科卒業。
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社統括産業医を経て現職。
約30社の企業の産業医を務める。
メンタルヘルス対策など企業における健康リスク低減に従事。また現在ビジネスキュレーションサイト、NewsPicksにて「メンタル&ヘルス相談」という連載も行っている。
共著に「産業医と弁護士が解決する 社員のメンタルヘルス問題」(中央経済社)がある。

サービス導入から面談実施までの流れ

  • お見積りの提出
  • サービス申込み
  • ストレスチェックの実施
  • 従業員様に個人レポートの提出 ・高ストレス者への面談推奨    ・結果の事業者通知の同意有無確認
  • 事業者様に集団分析結果を提出
  • 従業員様と産業医との面談調整
  • 面談実施

お問い合わせ

製品に関するご質問・ご相談などございましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ